前へ
次へ

賃貸マンションで一人暮らしを始めるには

これから実家を出て一人暮らしをしたいと考えているなら住む物件を探す必要があります。一人暮らしには賃貸

more

賃貸マンションはこう借りました

結婚する前に一度ぐらいは一人暮らしをしたいという気持ちがとても強かったので、結婚が決まった時に1年間

more

賃貸マンションのロフトスペース活用

賃貸マンションの中には、広めのロフトスペースを設けている物件もあり、ベッドスペースなど、ロフトスペー

more

民間経営の賃貸マンション

民間経営の賃貸マンションといっても、民事再生法が適用される物件か、個人経営の物件かで異なります。大規模な経営が行われている企業では、事業内容が多岐にわたるため、民事再生法が適用されやすいようです。個人経営の物件では融資が止まれば経営が止まるため、入居者は退去する必要があるし、融資が止まった場合に自己破産してしまう傾向にあるようです。自己破産手続き後にオーナーが物件を失ってしまい、没収されてしまうため、経営を継続することが難しいということになります。経営者の負の財産は子孫に引き継がれることになるため、経営をストップさせなければ莫大な相続税がかかってしまうことになりかねません。ましてや、築30年を過ぎた物件の価値はほとんどないため、ビジネスを継続していくことが不利になってしまうようです。普通の家は家を建て替えるのですが、賃貸マンションだと建て替えが起こりにくく、物件に価値がつかないまま経営困難になるケースがほとんどです。賃貸マンションは一般的に2年単位で住み替えが行われるということですが、賃貸マンションの賃料を支払いを行っているのは借り主ですので、貸し主の言い分が一方的に適用されるわけではありません。利用者はあくまで借り主であるということです。経営権利が貸し主にあるというだけですが、お金の支払い義務が発生し、納期があるのは借り主だということです。そのため、お金の支払いを継続している場合は、ビジネスであると考えられます。築30年以上になると、中小企業の社宅に使われたり、UR住宅のような使い方をされてしまうようです。中小企業の社宅として社員が使用している場合は、労働災害により生きて帰らない状態になってしまうケースもあるようです。古い物件に住み、仕事が激務だと過労に陥りやすくなるようです。それでも、お金を支払い続けている以上、ビジネスは継続しているわけですので、特殊清掃員というビジネスができたようです。

水のトラブル解決も受け付けておりますのでご安心ください

お子様も使いやすい湯沸かし器
適温でお湯が出るから火傷の心配がありません

横浜市中区でレバー不良にお悩みならトイレ工事しませんか
自動センサー方式の便座が便利でおすすめです

住宅ローン借入の際のシミュレーションもしてくれます
借入金額・期間をもとに、月々の返済額のシミュレーションも受けられます。

低コストで住み心地の良い住宅へと生まれ変わらせる工事ができます

Page Top